JBA

JBA



試合日程・結果

女準々決勝安城学園 vs 聖カタリナ女子

試合データ

開催場所 東京体育館B コミッショナー
試合区分 女準々決勝 主審 伊藤 恒
開催期日 2015年12月26日 副審 北島 寛臣
開始時間/終了時間 11:37 / 12:57

ゲームレポート

安城学園
61 14 1st 25 71 聖カタリナ女子
9 2nd 22
22 3rd 16
16 4th 8

Bコート第2試合はシード校を破って勝ち上がった安城学園と聖カタリナ女子のベスト4をかけた一戦。
第1ピリオド互いにハーフコートのマンツーマンディフェンスでスタート。開始早々、安城#8中野の3Pで先制。しかし、カタリナもすぐさま#9岩佐のドライブイン、#5細貝の3P で入れ返す。その後も互いにスクリーンプレーを駆使し一対一を仕掛けあう。カタリナ#4軸丸がトップから鮮やかにドライブインを決める。残り6分、5-11となったところで安城タイムアウト。安城#4土田、#14岡田のジャンプシュートで応戦するが、カタリナも速いボール回しから#9、#5、#11江良、そしてまた#5と3Pシュートを次々沈め、点差を広げて行く。第1ピリオド5本の3Pを決めたカタリナが14-25、11点リードで終了。

第2ピリオドに入っても#6山本が合わせで得点。一方安城はカタリナの絶妙な間合いのとったディフェンスを上手く攻め切れない。そんな中、安城#11神納が3Pを決め、2-2-1のゾーンプレスからマンツーマンにディフェンスを変更。残り5分32秒13-34となったところで安城後半2回目のタイムアウト。安城は#11のゴール下で好い形にもっていくがその後が続かない。その後カタリナが#9、#5、#4の3Pで主導権をものにし、23-47カタリナリードで前半終了。

第3ピリオドも速いボール回しからカタリナ#4の3Pで先制。安城は#13須田がフリースローを決めたところから1-2-1-1のゾーンプレスに代え積極的にダブルチームを仕掛ける。安城#14、#13のフリースロー、#13の3Pが決まり、勢いの出てきた6分29秒、31-53でカタリナタイムアウト。しかし、安城の勢いが止まらず#14のジャンプシュート、#13の3P、#14の連続得点で点差が12点に縮まる。45-57、残り2分25秒でカタリナ後半2回目のタイムアウト。カタリナは#11、#9の連続3Pで落ち着きを取り戻し、45-63で第3ピリオド終了。

第4ピリオド、再び安城がダブルチームを仕掛け#13の連続3P、#9荻野、#4も3Pを決め追い上げ9点差に詰め寄る。カタリナは第4ピリオドここまで2点と自慢の3Pが決まらない。4分32秒、57-65で安城タイムアウト。カタリナ#9のドライブから#6増田が合わせ流れを取り戻そうとするが、安城#4が3Pを決める。しかし一気に点差を縮めたい安城がターンノーバーを続けてしまう。カタリナ#5が冷静に3P を決め61-71、安城粘りをみせるがカタリナがベスト4進出を決めた。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>