JBA

JBA



試合日程・結果

女準々決勝福岡大学附属若葉 vs 昭和学院

試合データ

開催場所 東京体育館C コミッショナー
試合区分 女準々決勝 主審 緒方 崇
開催期日 2015年12月26日 副審 古畑 香子
開始時間/終了時間 10:00 / 11:26

ゲームレポート

福岡大学附属若葉
40 11 1st 14 65 昭和学院
12 2nd 12
6 3rd 20
11 4th 19

 第1ピリオド、両チームともにマンツーマンディフェンスでスタート。若葉#5内尾の1対1で先制すると、すぐさま昭和#5中村が決め返す。若葉は#15二ノ宮のシュート、#7渡邉の3Pが連続で決まり、残り7分9-4で若葉が波に乗るが、昭和も負けじと#9山本が3Pを沈める。その後、若葉は昭和の厳しいディフェンスの前に思うように攻めることが出来ない。残り2分半、昭和#5のゴール下シュート、#6城内のレイアップ、#8赤穂のジャンプシュートが決まり、11-14昭和リードで第1ピリオド終了。
 第2ピリオド、昭和はインサイドを中心としたオフェンスを展開する。一方、若葉は#5を中心とした攻めで食らいつく。残り6分半、14-19昭和リードで若葉がタイムアウト。その後、若葉#5がリバウンドシュートをねじ込むと、流れが一気に若葉に傾くかと思いきや、昭和#14笠置が3P、ジャンプシュートを連続で沈め、簡単に主導権を渡さない。若葉#5の巧みな1対1からのシュートが決まり、残り14秒20-26となったところで若葉タイムアウト。少しでも点差を縮めたい若葉は、終了間際に若葉#11三輪が思い切り放った3Pがブザービーターで決まり、23-26と会場が沸いたところで前半終了。
 第3ピリオド、昭和は#5、#8のインサイド陣が連続で得点を重ねていく。残り6分半、昭和#9の3Pが決まり25-35と昭和が徐々に点差を広げる。本来のリズムを取り戻した昭和はディフェンスの厳しさが増していき、若葉は思うように攻めることが出来ず苦しい時間帯が続く。残り4分半25-39となったところで若葉たまらずタイムアウト。なんとか追い上げたい若葉は、ディフェンスをゾーンに切り替え追い上げを図るが、リバウンドを昭和に支配されてしまう。29-46昭和リードで最終ピリオドへ。
 第4ピリオド、若葉はディフェンスをマンツーマンに戻し、気迫のディフェンスとリバウンドで反撃を試みる。若葉のエース#5が2本連続でシュートを決め、残り8分33-46と若葉が点差を縮めたところで、昭和がタイムアウト。ディフェンスでプレッシャーをかけたい若葉だが、ファウルが重なり昭和のフリースローとなってしまう。若葉は積極的に攻めるが、シュートが決まらない。残り3分、34-55で若葉が最後のタイムアウト。残り3分、若葉#4のシュートが決まり、残る力を振り絞り最後の反撃に出るものの、最終スコア40-65で、高さで勝った昭和学院が準決勝に駒を進めた。最後の最後まで諦めず、リングに向かっていった若葉の選手たちの頑張りに拍手を送りたい。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>