JBA

JBA



試合日程・結果

女子2回戦就実 vs 福岡大学附属若葉

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 女子2回戦 主審 小谷 将夫
開催期日 2015年12月24日 副審 鴨志田 和歌子
開始時間/終了時間 09:01 / 10:27

ゲームレポート

就実
63 13 1st 16 67 福岡大学附属若葉
16 2nd 12
19 3rd 25
15 4th 14

 第1ピリオド、両チームハーフコートのマンツーマンでスタートする。若葉がインターセプトから#4永野の速攻で先制。#5内尾や#15二ノ宮のリバウンドシュートで点を重ねる。就実は#5藤本のインターセプトからの速攻で勢いがつき、#4久山、#16那須の3Pや、スクリーンを使った攻撃でゴールに向かい点を重ねる。終盤、若葉にパスミスが続いたが、取り返すように#4がインターセプトからのシュートでファウルをもらい着実に2本決める。13-16で第1ピリオドを終了する。
 第2ピリオド、就実はハーフコートゾーンディフェンスに変えて臨む。若葉は、強いパスワークと迷いのないシュートでディフェンスを動かし、ゾーンディフェンスをもろともしない。しかし、よく足を動かす中で、次第に就実のディフェンスが効くようになる。残り6分21-21、両者譲らないラリーが続く。残り3分のタイムアウト明けに、就実#8青木、#5がジャンプシュートを決めて27-28と追い上げ、#4のシュートで29-28と逆転する。たまらず若葉はタイムアウトを取るが、その後もゾーンディフェンスの手にパスがかかり攻撃することができない。29-28、就実の1点リードで前半を終える。
 第3ピリオド、両者しのぎを削った一進一退の攻防が続く。残り6分就実が37-38でタイムアウトを取る。その後、若葉のファウルがかさみ、就実にフリースローを与えてしまう。残り4分43-38。流れを戻すように若葉の#5が2本連続ジャンプシュート、#7渡邉がレイアップシュートを鮮やかに決める。48-53、若葉が一歩リードして第3ピリオドを終了する。
 第4ピリオド、互いに激しくディフェンスし合う。積極的にゴールに向かう若葉がシュートを重ねた残り8分、50-58で就実のタイムアウト。だがその後も若葉の#5や#15のポストプレイを止めることができない。就実#12塩見もジャンプシュートを#16の速攻のシュートで反撃を図るが追いつくことができず、残り3分56-64で就実のタイムアウト。就実#16の3Pが決まると、若葉の#11三輪も3Pを返す。必死の攻防が続く中、就実#16、#4のインターセプトからの得点で追い上げ、残り1分51秒63-67で若葉のタイムアウト。就実の追い上げは叶わず、力強いプレーでインサイドを制した福大若葉が63-67で勝利した。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>