JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦滋賀短期大学附属 vs 倉吉北

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 水木 順仁
開催期日 2015年12月23日 副審 藤城 真理
開始時間/終了時間 13:53 / 15:18

ゲームレポート

滋賀短期大学附属
87 24 1st 25 70 倉吉北
28 2nd 26
24 3rd 12
11 4th 7

 23日Aコート第4試合、滋賀短期大学附属(滋賀)対倉吉北(鳥取)の対戦。第1ピリオド、両チームディフェンスはマンツーマン。高さのない倉吉北は、インサイドをケアしながら小さめに守っている。一方高さで勝る滋賀短大は、#5奥村、#8田畑のインサイドを中心にオフェンスを組み立て、合わせた外角のシュートも確率良く決まる。倉吉北も#4西村のドライブや3P、#5谷口のバスケットカウントなどで得点を重ね、24-25で第1ピリオドを終了。
 第2ピリオド、開始2分で滋賀短大は#5を一度ベンチに下げ、#11井堂を投入。変わらずインサイド主体のオフェンスを展開し、中と外が良くかみ合っている。一方の倉吉北も、素早いドライブから中・外で合わせてシュートを放ち、積極的にオフェンスリバウンドにも絡んでセカンドチャンスを得点している。試合が動いたのは残り3分半、滋賀短大#6久郷のスティールからの速攻で得点すると、倉吉北は前半2回目のタイムアウト。直後滋賀短大がゾーンプレスを仕掛け、ターンオーバーを誘い連続得点に成功する。一時は10点差をつけ一気に引き離す雰囲気であったが、パスミスなどが重なってしまい、簡単な速攻での得点を倉吉北に与えてしまう。リードはなくなり、52-51で前半を終了。
 第3ピリオド、倉吉北はディフェンスをゾーンに変更する。すると滋賀短大のオフェンスがリズムを失い、シュートまで持ち込めない。ここで流れを持ってきたい倉吉北であるが、なかなかシュートが決まらず重たい試合展開となる。滋賀短大も前半同様ゾーンプレスを仕掛け、両チーム共ディフェンスを集中して頑張っている。ここで、滋賀短大#4中瀬が4つ目のファウルを犯してしまう。攻守に渡って要所でチームを引き締めていただけに、チームには一抹の不安がよぎる。しかし、倉吉北もボール運びでミスをしてしまい流れに乗ることができない。滋賀短大#14西岡が1年生ながら良い場面で3Pを決め、76-63の13点リードで最終ピリオドを迎える。
 第4ピリオド、倉吉北はディフェンスをマンツーマンに戻す。ベンチはオフェンスの改善を指示しているが、肝心のシュートが決まらない。リバウンドが安定している滋賀短大は、次第に速攻での得点が増えてくる。残り3分24秒、倉吉北が2回目のタイムアウトを請求。この時スコアは83-66。気持ちの入ったディフェンスで最後までくらいつくも、点差を縮めることができず。87-70で、滋賀短大が勝利した。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>