JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦鵬学園 vs 熊本国府

試合データ

開催場所 東京体育館D コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 川崎 洋次郎
開催期日 2015年12月23日 副審 秋山 厚志
開始時間/終了時間 12:21 / 13:41

ゲームレポート

鵬学園
65 12 1st 28 80 熊本国府
17 2nd 16
17 3rd 22
19 4th 14

 23日Dコート第3試合、石川県代表鵬学園高校と熊本県代表熊本国府高校の一戦。
 第1ピリオド、両チームのディフェンスはマンツーマンから入る。開始早々国府の#14橋口がゴール下を立て続けに決め、0-10と大きく引き離す。たまらず、開始2分半国府はタイムアウト。鵬#5天坂を中心に攻め追いすがるが、国府#4大槻、#13川端に得点を重ねられる。一方、鵬は#4上浜のドライブと#5のゴール下を中心に攻め、第1ピリオドが12-28で終了。

 第2ピリオド、鵬の#5がバックシュートを決め、#4がスチールからレイアップを落ち着いて決め、追い上げる。第2ピリオド開始1分半で連続3ゴールを決められ、国府がすかさずタイムアウトを請求。国府は#14、#13、そして#6松川が得点をあげるが、鵬も#5を中心とした攻めで粘り、一進一退の攻防となる。第2ピリオドは29-44で終了するが、鵬が第1ピリオドで出遅れた分を後半に繋げる戦いとなった。

 第3ピリオド、同じメンバーでスタート。15点差を追う鵬はオールコートマンツーマンで積極的にボールを取りにいくが、なかなか点差は縮まらない。激しいディフェンスで国府のミスを誘いリバウンドを奪い速攻を出す一方、国府は落ち着いてボールを運び、#14を中心に得点を重ねていく。結果的には状況が変わらず、46-66の20点差で第3ピリオド終了。

 第4ピリオド開始、20点差を追う鵬はさらにディフェンスを激しく頑張り、インサイドにプレッシャーをかけ、ルーズボールを奪い、#8中村、#9西が果敢に攻めて得点を加えるが戦況は変わらず。国府は#13、#14の1年生コンビのハイローなどで着実に点を重ねた結果、65-80で2回戦に駒を進めた。国府の落ち着いたゲーム運びとインサイドの強さが目立ったが、最後まで諦めずに戦った鵬の粘りは見る者に感動を与えた。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>