JBA

JBA



試合日程・結果

女子1回戦聖和学園 vs 福岡大学附属若葉

試合データ

開催場所 東京体育館D コミッショナー
試合区分 女子1回戦 主審 山田 健一
開催期日 2015年12月23日 副審 稲田 篤
開始時間/終了時間 09:00 / 10:23

ゲームレポート

聖和学園
73 25 1st 25 85 福岡大学附属若葉
18 2nd 22
15 3rd 20
15 4th 18

 23日Dコート第1試合、宮城県代表聖和学園と福岡県代表福岡大学附属若葉の一戦。
 第1ピリオド、両チームのディフェンスはマンツーマンからスタート。開始早々若葉の#11三輪が3Pを決めると直ぐに聖和#18高野が3Pを返し一進一退の攻防が続く。若葉が#5内尾と#7を軸としたセンタープレイやカットインで得点を重ねるのに対し聖和は#11阿部や#6佐々木の3Pとドライブで対抗する。残り3分ミスが出た所で若葉すかさずタイムアウト。第1ピリオド25-25の同点で終了。
 第2ピリオド開始。若葉が#7の3P、#4永野のゴール下シュートで得点を重ねると聖和残り8分でタイムアウト。その後も#7のジャンプショットで得点を加え引き離しにかかる。聖和は1-2-2のマッチアップゾーンで若葉の攻撃を止めようとするが逆にミスが目立ち始め追加得点を与えてしまう。聖和は#11や#7のジャンプショットで応戦するが得点が縮まらず、残り1分聖和2回目のタイムアウト。終了間際、聖和#18の後半に繋ぐ3Pで第2ピリオド43-47の若葉4点リードで終了。
 第3ピリオド。同じメンバーでスタート。開始早々、聖和の#5の連続シュートで得点を縮めたが若葉は#5内尾の力強いドライブと合わせ、#15二ノ宮のハイポストからのドライブで得点を加える。聖和も#11の確率の良い3P、ジャンプショットで得点を重ねるが中々追いつかない。残り3分で聖和53-61の8点ビハインドの所でタイムアウト。お互いにシュートを入れ合う展開となり結局58-67の9点差で第3ピリオド終了。
 第4ピリオド開始。若葉オールコートマンツーマン、聖和オールコートゾーンプレスで勝負に出る。お互いに激しいディフェンスで相手のミスを誘い、思うようにシュートが決まらないなか、若葉は#15の力強いリバウンドと#5の鋭いカットインで次々に得点を重ねて行く。残り6分聖和たまらず58-75でタイムアウト。聖和も#18や#11の下級生コンビで対抗し、得点を縮めようとするが若葉の激しいディフェンスの前に思うように得点を加えることが出来ず、残り2分聖和タイムアウト。しかし、その後も戦況は変わらず結局、福岡大附属若葉が73-85で2回戦に駒を進めた。
 パワーと機動力で勝る若葉が勝利をしたが最後まで諦めず、シュート力と粘り強さで応戦した、聖和学園の戦いも見事であった。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>