JBA

JBA



試合日程・結果

男子準々決勝中部大学第一 vs 近畿大学附属

試合データ

開催場所 東京体育館M コミッショナー
試合区分 男子準々決勝 主審 前田 喜庸
開催期日 2015年12月27日 副審 大倉 守正
開始時間/終了時間 14:43 / 16:10

ゲームレポート

中部大学第一
81 22 1st 12 53 近畿大学附属
16 2nd 21
23 3rd 9
20 4th 11

どちらも優勝候補の一角を破って勝ちあがってきた、勢いのあるチームの対戦となった。ベスト4をかけ、どちらが主導権を握るか。
 第1ピリオド 両チームマンツーマンでスタート。中部大学第一#6中村、近畿大学附属#7金子、どちらもフリースローの得点から始まる。中部大学第一は、#8ザンの連続ゴール下シュートなどで、まずはリードを奪う。5分41秒、12-4となったところで近畿大学附属がタイムアウト。その後も中部大学第一は、#6、#4遠藤のレイアップ、#8のゴール下シュートなどで着実に点数を重ねていく。一方、近畿大学附属は、なかなかペースをつかめず、得点ができない。それでも終了間際に#15西野の連続得点などで、22-12中部大学第一のリードで終わる。
 第2ピリオド 中部大学第一は、#6、#7広沢の連続3Pでリードを広げていく。近畿大学附属は、#15がゴール下で踏ん張り、追いかける。5分43秒、近畿大学附属#11小川がスチールからの速攻を決め、32-22となって中部大学機第一がタイムアウト。中部大学第一は、ファウルが嵩み、フリースローを与える機会が多くなり、徐々に近畿大学附属が点差を詰める。2分55秒、中部大学第一#7が3Pを決め、36-28となったところで近畿大学附属がタイムアウト。その後、近畿大学附属は、#7のフリースローで5点差まで詰め、結局38-33で前半が終了。勝敗の行方は、まだわからない。
 第3ピリオド まずは、中部大学第一#6の3Pから始まる。その後も#8のゴール下、#4の3Pでリードを広げ、6分43秒、46-35となって近畿大学附属がタイムアウト。その後も中部大学第一が#13ディクソンの連続シュートなどで点差を広げる。近畿大学附属は3分3秒、55-38となって再びタイムアウト。しかし、いいリズムでオフェンスすることができず、61-42となってこのピリオドが終了。
 第4ピリオド はやく追いつきたい近畿大学附属は、積極的にシュートを打ち、#5双和の連続シュート、#7の3Pなどで点差を縮めにかかる。しかし、中部大学第一も#13、#4らがシュートを決め、簡単に追いつかせない。4分7秒、71-53中部大学第一が再びリードをひろげたところで、近畿大学附属最後のタイムアウト。その後も中部大学第一は#8が連続でゴール下を決め、さらに点差を広げ、8分には主力を下げる余裕を見せる。結局最後まで点差が縮まらず、81-53。昨日までの勢いをそのまま見せ付けた中部大学第一が、ベスト4を掴んだ。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>