JBA

JBA



試合日程・結果

男子3回戦帝京長岡 vs 北陸学院

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 男子3回戦 主審 白川 一樹
開催期日 2015年12月26日 副審 久保 知仁
開始時間/終了時間 15:05 / 16:33

ゲームレポート

帝京長岡
69 11 1st 25 60 北陸学院
27 2nd 5
12 3rd 21
19 4th 9

 インターハイ3位の帝京長岡と2回戦で奈良育英に快勝した北陸学院との北信越同士の対決。
 第1ピリオド、両チームともマンツーマンでスタート。まずは帝京長岡#8高橋がドライブを決めて先制、負けじと北陸学院#5大倉(龍)がフリースロー、3Pを決め幸先の良いスタートを取る。7:58、北陸学院#9小室が2つ目のファウルでベンチに下がり、ディフェンスをマッチアップのゾーンに変えると流れは北陸学院になり、#11高田の3P、#5の速攻と連続して決まり得点を重ねる。4:45帝京長岡1回目のタイムアウトを請求し立て直しを図るが、流れは代わらず北陸学院、思い切りよくシュートに持っていく。帝京長岡は北陸学院のディフェンスをうまく崩すことが出来ず得点に結びつかない。北陸学院のディフェンスがうまく機能してインサイドも簡単に責めさせない。11-25と北陸学院がリードして第1ピリオドが終了する。
 第2ピリオド、出だし帝京長岡#8の3P、#7タヒロウのミドルシュートが連続して決まり16-25と点差を縮める。北陸学院たまらずタイムアウト。その後も帝京長岡#4頓所のバスケットカウント、#8のドライブか決まり、流れを取り戻した帝京長岡が徐々に点差を縮めていく。対する北陸学院は帝京長岡のディフェンスに足が止まり、得点が伸びない。残り3:10、帝京長岡#8の3Pが決まり31-29とついに逆転に成功する。残り2:49のところで、北陸学院2回目のタイムアウトを取り、流れを変えたいところだが帝京長岡のペースで試合が進み38-30帝京長岡8点リードで第2ピリオドが終了する。
 第3ピリオド、北陸学院#9のミドルシュート、#4酒井のドライブで38-34と点差を縮める。帝京長岡タイムアウト、北陸学院#9の連続3P、#18大倉(颯)のゴール下が決まり同点に追いつく。帝京長岡はディフェンスを1-3-1のゾーンに変えるが、北陸学院もうまくディフェンスを崩してシュートを決めていく。その後一進一退の攻防が続き、終了間際に北陸学院#6古村のドライブが決まり50-51北陸学院が1点リードして、第3ピリオドが終了する。
 第4ピリオド、出だしからお互い一歩も譲らない状態。最初に決めたのは北陸学院#18のドライブ、#9の3Pで50-56とリードするが、帝京長岡#8のドライブ、#4の3Pと振り出しに戻す。5:56、帝京長岡#7のゴール下が決まり57-56と逆転する。北陸学院タイムアウトを請求する。その後、帝京長岡#4のドライブが決まり59-56と3点差とするが、北陸学院#6がフリースローを2本決めて再び1点差とする。試合が動いたのは帝京長岡#8のドライブ、3Pと連続得点が決まり64-58と帝京長岡がリードする。ここで踏ん張りたい北陸学院だったが、残り3:05に#5が5ファウルとなり攻め手を失ってしまう。帝京長岡はフリースローを決めて徐々に点差が開いていく。結局、69-60で帝京長岡がインターハイ3位の意地を見せてベスト8に駒を進めた。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>