JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦延岡学園 vs 東北

試合データ

開催場所 東京体育館D コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 長谷川 裕
開催期日 2015年12月25日 副審 菊地 真吾
開始時間/終了時間 17:24 / 18:55

ゲームレポート

延岡学園
77 21 1st 12 79 東北
21 2nd 26
19 3rd 21
16 4th 20

 第1ピリオド両チーム共にマンツーマンディフェンスでスタートした試合は、いきなり延岡学園#15ディオップのゴール下シュートで動き始める。延岡学園ドライブからゴール下への合わせのプレイで東北のゴール下に攻め込んでいく。東北も#15荒谷のハイポストからのジャンプシュートで応戦する。延岡学園リバウンドからの速攻で加点すると東北も外角からのジャンプシュートで対抗する。残り3分12-10延岡学園リード。延岡学園の#15にゴール下でボールもたれるが東北、寄りを速くして必死のディフェンスで凌ぐ。最後はリバウンドから速攻で走られ21-12延岡学園9点リードで終了。
 第2ピリオド延岡学園#14榎田のパスカットからの速攻で得点を追加する。東北も#5前田のフリースロー2本、引き続きドライブインで加点し食らいついていく。25-18の状況で東北1回目のタイムアウトを取るも流れは徐々に延岡学園に傾きかけてくる。延岡学園#15に代えて#5シェッラを投入する。延岡のゾーンディフェンスを攻めあぐむ東北2回目のタイムアウト。東北もプレスを仕掛けてリズムを変えようと必死に運動量を増やしていく。リバウンドから#5の速攻、バスケットカウントになり延岡学園もたまらずタイムアウト。1スローも決めて9点差までその差を詰める。東北#7清水の3Pで完全に息を吹き返す。42-38延岡学園4点リードで第2ピリオド終了のブザーがなるが、リバウンドに入った延岡学園#15がアンスポーツマンライクファウルを取られる。
 第3ピリオドは第2ピリオド終了時に起きた延岡学園のファウルの処置をしてフリースロー2本にボールポジションのスタートとなる。東北ファーストオフェンスも決め一気に1点差まで詰め寄る。延岡学園も慌てず対応していく。5分30秒残すところで延岡学園6点のリード。ターンオーバーから4点連取されたところで東北後半1回目のタイムアウト。東北再びディフェンスプレッシャーを強めていくが高さを活かして延岡学園が引き離しにかかる。再び東北#7の3P2本で食らいつく。東北実に粘り強い。61-59延岡学園2点リードで第3ピリオド終了。試合の行方は最終ピリオドに持ち越された。
 第4ピリオド最初に点を決めたのは延岡学園。東北も負けじとゴール下へスーパーアシストパス。ここで延岡学園#15ダンクを叩き込むが東北も怯まない。一進一退の攻防が続く白熱した好ゲームとなる。最後まで両チーム選手諸君、魂のこもったプレイが続く。最後は両チームに巡ってきたフリースローの成否の差で東北が1ゴール差で勝利をものにした。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>