JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦奈良育英 vs 北陸学院

試合データ

開催場所 東京体育館C コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 向井 和宏
開催期日 2015年12月25日 副審 鈴木 寿之
開始時間/終了時間 17:34 / 18:53

ゲームレポート

奈良育英
71 13 1st 32 105 北陸学院
17 2nd 29
20 3rd 23
21 4th 21

 両チーム、ディフェンスはマンツーマンでスタート。北陸学院#9小室のポストプレイで先制。その後も#5大倉(龍)のカウントワンショットなどで加点し、残り7分3対15とリード。ここで奈良育英たまらずタイムアウト。奈良育英も#5山本のポストプレイで対抗。しかし北陸学院#6古村、#18大倉(颯)のリバウンドシュートなどで勢いは止まらない。残り2分9対27。奈良育英も散発的に反撃するも流れは北陸学院。第1ピリオドを終了し13対32。

 第2ピリオド奈良育英は#9西岡のミドルシュートでやり返す。北陸学院は控えのメンバーでゲームを進めるも#13山口、#18が活躍し残り6分19対40。ここで北陸学院はメンバーを戻す。奈良育英は#9の個人技で追撃。北陸学院も個人技が高く#16北方の3P、#18のドライブで点数を加える。奈良育英は#11松田、#6大山が得点し徐々に詰め寄る。北陸学院はあわてず着々と加点し30対61で前半終了。

 後半、奈良育英はディフェンスをゾーンにしてペースを変えようと試みる。奈良育英#5がポストで得点するも北陸学院も#6、#9がゴール下を支配して容易にペースは渡さない。残り6分35対70。奈良育英は#6、#5がミドルシュートを決めれば北陸学院も速攻を繰り出す。第3ピリオドを終えて52対84と北陸学院が大きくリードを保って最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、北陸学院は控えのメンバーが主体。#13のゴール下。#7布村の速攻で主導権は渡さない。奈良育英はフリースローの得点を重ねる。北陸学院は次々と控えのメンバーをコートに送り出す。互いに得点は伸びず残り5分58対90。ここから両チームファールの数が増えフリースローの機会が多くなる。結局、大きく流れは変わらず71対105で北陸学院が勝利した。北陸学院のパワーと個人技、奈良育英の最後まで諦めない粘りがゲームを盛り上げた。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>