JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦日本学園 vs 東海大学付属熊本星翔

試合データ

開催場所 東京体育館B コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 白川 一樹
開催期日 2015年12月25日 副審 伊藤 裕一
開始時間/終了時間 15:21 / 16:47

ゲームレポート

日本学園
64 9 1st 8 58 東海大学付属熊本星翔
18 2nd 15
14 3rd 16
23 4th 19

昨日弘前実業を破り勝ち上がった日本学園(開催地)と東海大付属熊本星翔(熊本)の互いに初出場同士の戦い。
 第1ピリオド、ともにハーフコートマンツーマンでスタート。まずは日本学園#6桑原が先制点を奪うが、星翔#4中嶋が入れ返す。日本学園はパッシングでディフェンスを崩し、星翔は#7趙を中心に攻撃を仕掛けるが、お互い得点には結びつかない。6:10熊本1回目のタイムアウトを請求する。その後も流れを掴みたい両チームだが、得点には結びつかず時間だけが過ぎていく。9-8ロースコアの展開で第1ピリオドが終了する。
 第2ピリオド、日本学園#10高瀬がゴール下を決めると、星翔#7吉野がターンシュートを決め返しお互い譲らない。しかし、日本学園#8若山のジャンプシュートと3P、#6桑原のゴール下が決まり、流れは日本学園に傾く。5:24、22-12日本学園が10点リードしたところで星翔2回目のタイムアウト。日本学園#6桑原がバスケットカウントをもらい更にリードを広げるが、星翔#7趙がゴール下を決めて対抗する。残り2分を切ったところで星翔#9梅村の3Pとジャンプシュートが決まり、1:21で27-21と6点差まで追いつく。流れを変えたい日本学園、1回目のタイムアウト。ところがその後、星翔#8元がゴール下を決め、27-23日本学園が4点リードで第2ピリオドが終了する。
 第3ピリオド、日本学園が決めれば、熊本も決め返す展開。そんな中、日本学園のミスを機に星翔が連続してシュートを決め5:54、32-31となったところで日本学園がタイムアウト。その後、一進一退の攻防が続くが、1:42星翔#15石井がバスケットカウントを決め37-37の同点、さらにそのフリースローを自らリバウンドシュートに持ち込み、逆転する。その後、日本学園#8若山がフリースロー、ミドルシュートを決めて41-39日本学園2点リードで第3ピリオドが終了する。
 第4ピリオド、星翔#7趙がゴール下を決めて同点に追いつくが、日本学園#6桑原がすぐさま入れ返す。星翔は速攻が決まり、同点に追いつくが、日本学園#8若山が3Pを決めて再びリードする。更に#8若山のフリースローと3Pが決まり、51-44日本学園7点リード。しかし、星翔も#7趙、#9梅村が3Pを決めて1点差につめる。入れたら入れ返す展開が続くが、日本学園#8若山がドライブを決め、1:31、59-54とリードする。星翔は3Pで応戦していくが、リングに嫌われ得点することが出来ない。最後はファウルゲームを仕掛けるも日本学園がフリースローを決めて、64-58と連日の接戦を制し、3回戦に駒を進めた。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>