JBA

JBA



試合日程・結果

男子2回戦県立小禄 vs 桜丘

試合データ

開催場所 東京体育館A コミッショナー
試合区分 男子2回戦 主審 大倉 守正
開催期日 2015年12月25日 副審 和嶋 陽一
開始時間/終了時間 14:02 / 15:35

ゲームレポート

県立小禄
81 14 1st 29 106 桜丘
12 2nd 28
27 3rd 18
28 4th 31

 昨日110-99というハイスコアのゲームを制した県立小禄と高校総体準優勝の桜丘の対戦となる。
 第1ピリオド、両チーム、ハーフコートマンツーマンディフェンスでスタート。先制したのは、桜丘#5粂の3P。その後、桜丘4ゴール連取で4-15と9点リード。残り時間5分11秒で小禄はタイムアウトを取る。小禄はその後、#11上良を中心に得点するが、桜丘は#10モッチのゴール下、#4鈴木、#6中尾のアウトサイドシュートで14-29とし、第1ピリオド終了。
 第2ピリオドは追いつきたい小禄が果敢にリバウンドへ飛ぶも、やはり#10の高さに拾いきれず、#5、#10、#6の連続ゴールを許し15-37となる。小禄は、スピードを活かしドライブを重ねて切り崩そうとするも桜丘の高さを崩すことがなかなかできない。また小禄のアウトサイドをタイトに守る桜丘が、攻撃ではエイトオフェンスを駆使し着実に加点して行く。小禄は、追いつくきっかけを掴みたいところだが掴みきれないまま前半を終える。26-57、桜丘リードで前半を終える。
 第3ピリオド、桜丘のスローインから始まるも小禄が守りきり先制点を取る。リズムのいいパス回しから小禄#12池田が3Pを決める。ダブルチームを織り交ぜながら桜丘のシュートミスを誘うが大量得点にはいたらない。33-63の30点差となる。中盤、小禄のハードなディフェンスに桜丘は雑なオフェンスをし始め、そこを逃さず小禄は、43-69と追い上げを見せる。桜丘#10のリバウンドシュートで流れが途絶え、43-71となったところで小禄タイムアウト。桜丘はここで#10を一旦ベンチに下げ#12ジャイニャを投入する。残り1分を切ったところで、まだ追い上げの機運を残している小禄に桜丘は今一度#10をコートに入れ53-75でピリオド終了。
 第4ピリオド、マンツーマンプレスディフェンスを仕掛ける小禄#12がパスカットからレイアップで得点する。連続ゴールがほしい小禄だがハーフコートでのオフェンスリズムが悪く桜丘#4のパスカット、#10のリバウンドなどからブレイクを許してしまう。第4ピリオドは小禄がオールコートでプレスを続け、良くボールを追い、シュートチャンスを作るがものにできず追いつくことができない。一方、桜丘は小禄のボールを追いかける姿勢にミスはあるが#10を中心に確率の高いシュートでゲームを有利に進めて行く。
 最終スコアは81-106で桜丘の勝利。桜丘がシード校としての実力を発揮した結果となったが、最後までトライし続けた小禄にもエールを送りたい。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>