JBA

JBA



試合日程・結果

男子1回戦中部大学第一 vs 北海道札幌工業

試合データ

開催場所 東京体育館D コミッショナー
試合区分 男子1回戦 主審 大川 修平
開催期日 2015年12月24日 副審 細見 竜太
開始時間/終了時間 15:22 / 16:57

ゲームレポート

中部大学第一
106 27 1st 26 67 北海道札幌工業
27 2nd 15
27 3rd 9
25 4th 17

 第1ピリオド、お互いオールコートマンツーマンでスタート。開始直後から両チーム激しいプレイの連続で見ごたえのある攻防となる。中部大第一はファウルをもらい、フリースローで得点を重ねていく。一方、札幌工業は#5濱尾の連続3P、ドライブで食らいついていく。残り3分を切ったところで、中部大第一#13ディクソンが3つ目のファウルを犯しベンチに下がる。両者譲らない展開が続き、27-26中部大第一が1点リードして第1ピリオド終了する。
第2ピリオド、開始早々中部大第一#6中村のフリースロー、ドライブ、#7広沢の3Pが立て続けに決まり、34-26とリードを広げる。札幌工業は堪らずタイムアウトを請求するが、流れは変わらず中部大第一。その後、中部大第一#7、#6の連続3Pが決まり、43-29とリードが大きく広がる。ここで踏ん張りたい札幌工業だが、なかなか思うようにシュートが決められない。残り4分、札幌工業2回目のタイムアウトを請求する。札幌工業#5の3P、#8堂薗のジャンプシュートが決まり、49-39と10点差まで縮める。残り2分、中部大第一タイムアウトを取り、札幌工業に流れを引き寄せない。残り1.8秒、中部大第一#4遠藤がフリースローを落ち着いて決めて、54-41中部大第一が13点リードして第2ピリオドが終了する。
 第3ピリオド、札幌工業#4鈴木の連続得点で始まったが、その後が続かず、中部大第一#8ザンのバスケットカウント、#6の連続得点で振り出しに戻す。8分切ったところで札幌工業タイムアウトを請求するが、流れは変わらず中部大第一にゴール下を支配され、67-45と大きくリードを広げられる。その後も中部大第一のペースで試合が進む。81-50とこのピリオドで中部大第一が大きくリードを広げて終了する。
 第4ピリオド、後がない札幌工業は果敢にゴールに向かっていく。一方の中部大第一は主力メンバーを下げてスタートする。札幌工業は中部大第一の#15王にゴール下を支配され、点差を縮めることが出来ない。残り6分タイムアウトを取り、巻き返しを図るが、中部大第一も隙を与えず得点を重ねていく。結局総合力で勝る中部大第一がベンチメンバーを全員出場させ、106-67で札幌工業を下し2回戦に駒を進めた。

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>