JBA

JBA

現地レポート

JX-ENEOSウインターカップ2015 総括レポート ~笑うために、流せ!~ RSS

2015年12月30日 22時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「東日本大震災復興支援 JX-ENEOSウインターカップ2015 平成27年度 第46回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(以下、ウインターカップ)」が幕を下ろした。

宮城・明成を大会3連覇に導いた⑧八村 塁選手

宮城・明成を大会3連覇に導いた⑧八村 塁選手

大会最終日、39大会ぶりの優勝を目指した男子の茨城・土浦日本大学は宮城・明成の前に屈した。その明成は、男子では秋田・県立能代工業と京都・洛南しか成し遂げていなかった大会3連覇を達成。彼らの、佐藤 久夫コーチが求める厳しい練習に取り組んできた自信は、決勝戦のコート上で王者の“風格”さえ漂わせていた。むろんそこに至るまでは楽な試合ばかりでなかった。決勝の土浦日本大学戦は言うに及ばず、準々決勝の八王子学園八王子戦でも第3ピリオドに追いつかれるなど、粘られた。それでも最後に結果を出せたのは、彼らの修正力、対応力の速さとその正確さだった。40分間、刻一刻と変わっていく状況の中で、佐藤コーチの指示にすばやく反応し、それを的確に実践できる力。それもまた彼らが3年のあいだに培ってきた、自信なのだろう。技術や体力だけでなく、そんなところにも明成の強さはあった。

岐阜・岐阜女子は全員が最後まで諦めず、悲願の初優勝を飾った

岐阜・岐阜女子は全員が最後まで諦めず、悲願の初優勝を飾った

その男子決勝の前日に行われた女子決勝戦。「高校9冠」、「ウインターカップ最多優勝(21回)」、「全国大会通算60冠」を目指した愛知・桜花学園は、今年度の高校総体、国体で僅差ながらも勝ってきた岐阜・岐阜女子に敗れた。その岐阜女子はウインターカップ初制覇。決して派手なチームではない。アンダーカテゴリーの日本代表選手に選出された選手もいない。しかし、彼女たちは真面目に、一生懸命に努力を重ねてきた。その自信は最後まで揺るがなかった。それが決勝戦の残り2分を切ったところで逆転し、一度は追いつかれながらも、もう一度突き放すことができた要因だったのだろう。高校総体、国体で敗れた相手を上回ることだけを考えて、ウインターカップに臨んだ彼女たちからは、最後まで凄みの漂う気迫が消えなかった。

もちろん桜花学園をはじめ、敗れたチームも真面目に、一生懸命に練習を重ねてきたはずだ。それはゲームの端々から伝わってきた。しかし一生懸命やっても負けることがあるのがスポーツである。それを学べたことはきっと人生の財産になる。その財産はきっと次の舞台で――スポーツに限らず、さまざまなシーンで“勝利”を生むはずだ。

厳しい状況でもベンチから笑顔を送る選手たち(写真:秋田・県立能代工業)

厳しい状況でもベンチから笑顔を送る選手たち(写真:秋田・県立能代工業)

それに付随して、今大会で強く感じたこと。それは“笑顔”が多かったことだ。もちろん敗れれば悔し涙や、そのチームでのバスケットを終える寂しさ、悲しさで涙を流す選手たちも数多くいた。しかし、それでもさっぱりとした、さわやかな笑顔も同じくらい多くあった。そこには勝敗だけでない、自分たちのバスケットを、ウインターカップ2015の舞台で思いきりプレイできる喜びがあったのだろう。都道府県予選で道を閉ざされた仲間たちの分まで、彼ら、彼女らは自分たちのバスケットを楽しんでいたのだ。

誰かが言っていた。「楽しむというのは『楽をする』こととは違う。一生懸命プレイして、結果を――それが勝ちであれ、負けであれ――出すことを楽しむのだ」と。笑顔の源を辿っていけば、そこにはやはり“一生懸命”がある。

全国の登録校数8,107校のうち、ウインターカップの舞台に立てるのはたったの100校だけ。彼ら、彼女らは敗れた8,007校の選手たちと同じか、それ以上に汗を流し、涙を流してきた。
高校生プレイヤーたちよ、一生懸命に汗を流せ。涙を流せ。それは必ず笑顔に変わる。
ウインターカップは来年もキミたちの笑顔を待っている――。

ウインターカップ2015は高校生たちの笑顔であふれていた

ウインターカップ2015は高校生たちの笑顔であふれていた

[ 記事URL ]