JBA

JBA

現地レポート

負けから手に入れた未来 RSS

2015年12月25日 18時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗と反省の繰り返しがこれまで以上の凄みを生み出した。横断幕にある「集中・正確・粘り」はまだ死んでいない。

「JX-ENEOSウインターカップ2015(以下、ウインターカップ)」は3日目、男子2回戦、高知・明徳義塾vs京都・洛南の一戦は、序盤を含む要所で高い集中力を発揮した洛南が、81-69で明徳義塾を振り切った。前回大会、そして地元・京都で行なわれた今夏の高校総体ともに初戦で敗れていたチームが、その反省を克服したわけだ。

チームを引っ張った洛南④寺嶋 良選手

ランニングプレイでチームを引っ張った洛南④寺嶋 良選手

「疲れた……久しぶりに初戦を突破したよ」と笑みをこぼした吉田 裕司コーチがゲームを振り返る。
「初戦という高校生にとってはプレッシャーのかかるゲームの入り方が、今年のチームの反省点でした。それを克服しようとゲームに臨んで、そのとおりできたことはよかった」

その言葉どおり、前半の洛南は、指先まで神経が行き届いているかのような集中力を発揮していた。明徳義塾が少しでも隙をみせようものなら、そこからゴールを奪い、ボールも奪っていった。走り込みからやり直したというランニングプレイは、文字どおりの流れとなって、洛南に勢いをもたらしていた。

後半に入ると、前半に飛ばしすぎたツケからか、明らかにスタミナが落ちて、明徳義塾のインサイド陣に失点を重ねてしまう。それは今後の課題だが、それも「昨年の負けを経験している選手が何人かいて、出だしが大事だとみんなで話していたから、前半に集中しすぎただけです。悪いことじゃないと思っています。明日からはもう少し落ち着いてプレイできると思います」と、キャプテンの④寺嶋 良選手は気にしていない。
それよりも、最近勝てていなかった初戦をどうしても突破したいという気持ちのほうが強かったのだろう。

⑧荒川 颯選手は25得点を挙げて勝利に貢献

⑧荒川 颯選手は25得点を挙げて勝利に貢献

比江島 慎選手(NBL・アイシンシーホース三河)らを擁し、ウインターカップ3連覇を達成したころから「冬の洛南」と言われてきた。しかし近年の結果はその異名から遠のくばかりだ。今年も高校総体の初戦敗退だけでなく、府大会でも東山に負けるなど苦い思いをしている。それでも彼らは這い上がり、洛南以上の洛南になろうとしている。

「気持ち的に大人になってコントロールができるようになってきた。浮き足立つことなく、落ち着いてプレイすることができるようになった」

彼らの成長を吉田コーチが認めれば、寺嶋選手も「今年のチームは出だしがいつも悪くて、そのままの状態でゲームをしているところがありました。でも今は内容が良くても悪くてもみんなで声を掛け合って、崩れることが少なくなったと思います」と胸を張る。

負けて手に入れた自分たちの新しい未来。これをどう繋げていくか。洛南の凄みを見せるのはこれからだ。

チーム一丸となって「冬の洛南」を取り戻す

チーム一丸となって「冬の洛南」を取り戻す

[ 記事URL ]