JBA

JBA

ニュース

RSS 一覧へ

JX-ENEOSウインターカップ2015 最終日 明成が3連覇を達成し閉幕

2015年12月29日

3連覇を果たした明成#8八村 塁選手は3年連続ベスト5受賞

土浦日本大学#10松脇 圭志選手は怒濤の3Pシュートで30得点

 「東日本大震災復興支援 JX-ENEOSウインターカップ2015 平成27年度 第46回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会」は7日目。全国登録数8,107校の頂点を決める“高校バスケ頂上決戦”はいよいよ最終日。開場前から2,500人を超える多くの方が東京体育館に列を成し、最後の戦いを心待ちにしていました。

 最初に行われた男子3位決定戦はどちらも出だしから得点を挙げ、第1ピリオド終了時点で県立能代工業が29点、中部大学第一が21点と、両チームとも20点を超えるハイペースでゲームが進みます。ディフェンスでプレッシャーをかけ、徐々に点差を引き離していった県立能代工業が88-72で勝利し、8年ぶりに3位で大会を終えました。敗れた中部大学第一は、男女合わせたベスト4チームの中で唯一、1回戦から勝ち上がってきたチーム。2回戦の福岡大学附属大濠戦は延長戦までもつれこみながらシード校を破るなど、最終日まで立派に戦い抜きました。

 100試合目となるラストゲームは、男子決勝・明成vs土浦日本大学。明成#8八村 塁選手は1年生の時からチームの柱として活躍。昨年は2年生主体のチームで連覇を果たし、「ここは僕らのホームコートだ」と八村選手がコメントするように、この舞台を熟知しています。対する土浦日本大学#4山﨑 純選手、#5平岩 玄選手、#10松脇 圭志選手は、中学時代からその名を轟かせた精鋭揃い。来るべくしてきた決勝の舞台と言えます。昨年のFIBA U-17世界選手権を経験した#6納見 悠仁選手、#8八村選手(明成)、#5平岩選手、#6軍司 泰人選手(土浦日本大学)と各2名ずつおり、最高峰の舞台にふさわしいメンバーの競演は素晴らしい試合となりました。

 前半は34-31と土浦日本大学が僅差ながらリード。後半に入ると#8八村選手がダンクシュートで満員の会場を沸かせます。土浦日本大学#10松脇 圭志選手が3本連続で3Pシュートを決め、引き離すかと思われましたが、明成も#10三上 侑希選手らが3Pシュートで対抗して一歩も譲りません。息もつかせぬ攻防はあっという間に最終ピリオドへ。「第4ピリオドにあれほどのディフェンスがよくできるなと思うほど立派なディフェンスでした」と土浦日本大学の佐藤 豊コーチが称えるほどの激しいディフェンスの前に、土浦日本大学のシュートが決まらない時間帯が5分以上も続きました。逆に明成は#6納見選手が次々とシュートを決めて得点を離していきます。土浦日本大学も終盤に3Pシュートで息を吹き返しましたが、78-73で上回った明成が勝利し、3年連続4度目の日本一に輝きました。

■男子大会結果
優 勝 明成(3年連続4回目)
準優勝 土浦日本大学
第3位 県立能代工業
第4位 中部大学第一

■男子大会ベスト5
#6 納見 悠仁 選手(明成) ※2年連続2回目
#8 八村 塁 選手(明成) ※3年連続3回目
#5 平岩 玄 選手(土浦日本大学)
#10 松脇 圭志 選手(土浦日本大学)
#4 盛實 海翔 選手(県立能代工業)

 連日、興奮と感動を与えてくれたウインターカップは岐阜女子が初優勝し、男子は明成が3連覇を果たして幕を閉じました。高校3年生は新しい道を歩みますが、WJBLや大学でバスケを続ける選手も多くおり、今後もその活躍に目が離せません。2016年秋には、日本プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」が開幕します。今後、プロとして活躍するであろう有望な原石がたくさんいた今年のウインターカップは、男子バスケ界の未来を明るく照らしています。

 また、本日12月29日(火) 深夜1時45分より、地上波フジテレビジョンにて大会ハイライトが放送されます。
 ※テレビ放送に関する詳細

 年明け元日からは「東日本大震災復興支援 第91回天皇杯・第82回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会(オールジャパン2016)」が始まります。インターハイ優勝校である男子・明成と女子・桜花学園をはじめ、各ブロックで一般チームを破って出場権を得たウインターカップ優勝校の岐阜女子や英明、男子も尽誠学園ら高校生が世代を超えた戦いに挑みます。ウインターカップ同様、オールジャパンも皆様のお越しをお待ちしてます。
 オールジャパン前売チケット好評発売中

■高校チーム出場スケジュール
2016年1月1日(金・祝)
13:00~ 【男子1回戦】明治大学 vs 尽誠学園高校 (会場:代々木第2体育館)
13:00~ 【女子1回戦】英明高校 vs 早稲田大学 (会場:駒沢体育館)
14:40~ 【女子1回戦】新潟医療福祉大学 vs 桜花学園高校 (会場:駒沢体育館)
16:20~ 【男子1回戦】明成高校 vs 鹿屋体育大学 (会場:代々木第2体育館)
18:00~ 【女子1回戦】東海大学九州 vs 岐阜女子高校 (会場:駒沢体育館)

試合日程・結果

12月23日(水・祝)

男子1回戦/女子1回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月24日(木)

男子1回戦/女子2回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月25日(金)

男子2回戦/女子3回戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月26日(土)

男子3回戦/女子準々決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月27日(日)

男子準々決勝/女子準決勝詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月28日(月)

男子準決勝/女子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

12月29日(火)

男子決勝・3位決定戦詳細へ>

チケットTV放送DVD販売

報道関係者 取材申請用ウェブサイト

今大会の取材をご希望の報道関係者は事前申請が必要になります。
詳細はこちら>>